LAに住んで四半世紀、子供達も手が離れたサンディ毎日の主婦のあれこれを紹介していきます。興味は色々、生活の中での衣食住、感じた事などを綴っていきたいと思います。

by Lururi2018

日本から 久しぶりの我が家へ

日本に帰って3週間、あっ、という間の出来事。
帰る前荷造りしている時、帰って来る移動の時はワクワク、
帰って来たら今度はこちらへ戻る日を数えて気持ちが重くなりそうになりながら
毎日楽しもう、と思うようにしていた。
ずーといつまでも居たい気持ちもあるけどキリがない。
どうせ帰らないといけない、と割り切る時、寂しい気持ちになる。
戻ると、日本にいたのが夢の中の出来事のように
すぐに日常に戻るのではあるけど。

帰るモードに切り替えて気合を入れて用意して、
スーツケースを空港へ送らず、タクシーを呼んでリムジンのバス停まで行き、
予約していないので早めに行って炎天下の中、1時間ほど並び
空港へバスで向かう。
カウンターでチェックイン、荷物を預けてようやく一息。
空港に着いてから乗るまで4時間ほどあったけど
ランチしたり、お店を見ていたら
時間はすぐに流れて、搭乗時間が来た。
f0388183_23374461.jpg
f0388183_23375495.jpg

座席は足の伸ばせる一番前。
チェックインの時、席を確認したら
空いているので
搭乗前に隣の空いている通路側の席がないかと
係りの人に聞いてみたら、3列の通路側が空いているとのこと、
変更してもらう。
搭乗して離陸前になると、隣に誰もいなくて3席使えてラッキー。
f0388183_23380460.jpg
眠くなると横になれたのでずいぶん楽チン。

10時間弱でLAXに到着。
f0388183_23381361.jpg
イミグレを通る時、機械で情報を入力して出てきた紙を検察官のところへ持っていく。
珍しく何も質問されず、通れた。
荷物をピックして、出る前にもう一度係りの人のところを通る。
何も言われず無事に通れて、外に出たのが到着してから三十分後くらい、
割とスムーズ。

朝、タクシーが来るかどうか?(最悪、タクシーで空港へ行けばいいや)
リムジンに大量の荷物を積んでくれるかどうか?(スーツケース大小で3)
LAXでスムーズに出られるか?

ここがいつも心配してしまうところだけど
うまく行きました。
心配しすぎるところが多々あるけど

下手な考え休むににたり
案ずるより産むが易し

父がよく言っていた言葉を思い出しながら
なんとかやり過ごせた。
一人旅、気楽だけど、行きと帰りは誰かと一緒だと
心配も半分になるんだろうなあ。
今まであまり思わなかったけど、誰かに見送ってもらえる人はいいなあ、とか
年とともに、弱っちくなる。

今回会えなかった人が何人かいた。
学生時代、会社時代の友人、、、
帰る前から連絡していたにもかかわらず、
日が合わずでしょうがないけど
いろんなことがある中で、毎回最後かもしれない、と自分なりに思いながら帰っていることもあり、
がっかり、残念と思う気持ちが強いこのごろ。
久しぶりの感覚が最近はせまくなっているのもあるけど
優先順位が低いのかなあ、と思うと寂しい。

兎にも角にも
お世話になった人に、そして無事に旅行できて感謝!







にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by lalalararara2018 | 2018-07-04 23:39 | 出来事 | Comments(0)